あん摩マッサージ指圧師

資格をとりたいあなたへ

太極拳のグローバルウーシュウでは商品カタログの資料をご用意しております。お気軽にお問い合わせください。

あん摩マッサージ指圧師

近年、都心では簡易なマッサージ施設が増えています。毎日の激務に疲れた会社員にとって、このような簡易マッサージ施設は癒しを実感できる貴重な場所であるといえます。このようなマッサージを施術するためには、国家資格を必要とします。それが「あん摩マッサージ指圧師国家資格」です。あん摩マッサージ指圧師とは、あん摩マッサージ指圧師国家試験に合格した者のこと。あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(昭和22年法律217号、「あはき法」と略す場合がある)に基づく国家資格である。按摩、マッサージ、指圧を行います。なお、あん摩マッサージ指圧師の国家資格とともに、はり師、きゅう師の国家資格も全て持つ者を通称して、鍼灸マッサージ師、または三療師(さんりょうし)ともいいます。

資格とるなら

あん摩マッサージ指圧師と免許

あん摩マツサージ指圧師免許、はり師免許及びきゅう師の免許の取得者は、教育職員検定により特別支援学校自立教科助教諭の臨時免許状が与えられます。教育職員免許法施行規則第65条。臨時免許状取得者は定められた経験、単位修得により普通免許状が与えられます。

あん摩マッサージ指圧師の資格(免許)・仕事

あん摩マッサージ指圧師は公益財団法人 東洋療法研修試験財団が試験を実施する国家資格(業務独占資格)です。「あん摩」「マッサージ」「指圧」は、それぞれ独自の歴史を持つ伝統的な治療法ですが、共通点が多く、「あん摩マッサージ指圧師」としてひとつの国家資格にまとめられました。「あん摩」は中国で、「マッサージ」は西洋で生まれた伝統的な治療法であるのに対し、「指圧」は東洋医学の考え方をもとに日本で開発された独自の施術であり、ツボを押して患部の凝りや疲れを取り除きます。

過去と現在のあん摩マッサージ指圧師の資格(免許)

マッサージや指圧といえば、かつては高齢者のための治療法というイメージもありましたが、最近では、短時間で低料金、しかも職場や家の近くの利用しやすい場所で簡単に受けられる「クイックマッサージ」が普及し、幅広い年齢層の人々に親しまれています。

あん摩マッサージ指圧師の受験資格

大学入学資格をもち、所定の養成機関で決められた課程を修了という学歴の条件などがあります。文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した養成施設(スクール)で3年以上必要な知識・技能を修めること(卒業、または見込み)。また、視力障害者のある人についても所定の養成機関で決められた課程を修了で受験資格があります。

あん摩マッサージ指圧師の試験内容

筆記試験がおこなわれます。試験科目:医療概論(医学史を除く。)衛生学・公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、臨床医学各論、リハビリテーション医学、東洋医学概論・経絡経穴概論、あん摩マッサージ指圧理論及び東洋医学臨床論。なお、視覚障害者には点字による受験などの対応がなされています。

あん摩マッサージ指圧師の仕事内容

内容はあん摩、マッサージ、指圧の各手技(なでる・押す・揉む・叩くあらゆる行為)を用いて人体の変調を改善する施術者です。基本的に器具は使用しないし、それを教えている専門学校も存在しません。養成所での教育内容を定める法律等でも、器具を使う施術は想定されていません。

あん摩マッサージ指圧師の概要

法律上の正式名称は「あん摩マツサージ指圧師(一般的な読み名は「マッサージ師」)」です。「あん摩マッサージ指圧師名簿」とは厚生労働省に備えられている国家資格者名簿で、医師でいうところの「医籍」に相当します。現在はその登録事務を財団法人東洋療法研修試験財団が行っています。

三療師

あん摩マッサージ指圧師とともに、はり師、きゅう師の全ての国家資格を持つ者を、鍼灸マッサージ師もしくは三療師とも呼びます。これらは本来、別個の国家資格であり、独立開業が出来ます。勤務する場合は病院や診療所の整形外科や理学療法科やリハビリテーション科です。述べた勤務先であん摩マッサージ指圧師勤務の場合は病院診療報酬改定によりみなしPTの認定資格所得が必要になっています。

機能訓練指導員へのキャリアアップ

そのほか、病院併設の老人介護施設や特別養護老人施設で機能訓練指導員となることができる。その他の勤務先には鍼灸マッサージ治療院や鍼灸整骨院や訪問マッサージ事業会社や美容エステサロンがある。

介護分野でのキャリアアップ

介護分野ではあん摩マッサージ指圧師としての実務経験を5年積めば介護支援専門員の受験資格が得られる。

あん摩マッサージ指圧師と保険

あん摩マッサージ指圧師の施術には医師の同意書により健康保険の療養費も適用されている。健康保険の療養費適用疾患は筋麻痺と関節拘縮等であり、医科との健康保険の併給は可能である。

あん摩マッサージ指圧師の職場・収入

整骨院、医療・介護施設などが主な勤務先です。また訪問サービスを専門におこなう会社に所属することもあります。企業内でも、あん摩マッサージ指圧師の資格をもつ人を「ヘルスキーパー」として社内の健康管理室などに配属する例もあります。独立も可能ですが、資格取得したのちに技術を磨く期間が必要です。看護師や他のスタッフを必要とせず、自分ひとりで治療ができ、年齢に関係なく仕事が続けられます。

あん摩マッサージ指圧師の将来性

社会人や定年退職者が養成施設で勉強し、第2のチャレンジとしてこの職業を志す例もあります。共通する内容が多いので、はり師、きゅう師の資格もあわせて取得する人が多くなっています。

あん摩マッサージ指圧師のキャリアアップ

あん摩マッサージ指圧師国家資格のキャリアプランは、国家試験を受験するところから始まります。そうしてあん摩マッサージ指圧師国家資格を取得することで、それらの施術を業務として行っている職場で就職することができます。あん摩マッサージ指圧師の施術の目的は、血行改善やこりをとる、といったものです。そのため、体力が一番重要と言える職業です。また、マッサージを行うため、患者と密接になります。そのため、キャリアアップには患者の病状を汲み取ることのできる、高いコミュニケーション能力を必要とします。このあん摩マッサージ指圧師とは、古来視覚障害者が就く職業でした。ですが、現在では視覚障害者だけでなく、一般の方もあん摩マッサージ指圧師国家資格を目指すことができるようになっています。

看護師になろう

オフィス移転naviがあなたの事務所探しをお手伝いします。賃貸オフィス 中央区探しならオフィス移転naviで決まり♪