作業療法士

資格をとりたいあなたへ

作業療法士

作業療法士作業療法士は、リハビリテーションの専門家(理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST))の一つであり、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員です。厚生労働大臣の資格(免許)を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいいます。

資格とるなら

作業療法士の資格(免許)

作業療法士になるためには、作業療法士国家試験に合格することが必要です。作業療法士の養成課程があるスクール(大学、短大、専門学校)で3年以上学び、所定の課程を修了することで受験資格を得ることができます。学校によって授業の難易度は変わってきますが、楽な学校が良いかというとそうでもありません。厳しい学校でしっかりとした学生生活を送れた方が、卒業した後、作業療法士になった後は楽になるかもしれません。作業療法士の試験だけに限りませんが、試験の中には非常に紛らわしい問題が隠れていることもあります。間違って当たり前という問題も含まれていることになります。そのため基本的な知識の問題で点数を稼ぐことができないと合格は難しくなるでしょう。しっかりと集中的に勉強をしておく必要があります。

作業療法士になるためのスクール

作業療法士の資格を得るためには、まず国家試験を受けることができる受験資格を得る必要があります。受験資格を得ることができるのはしっかりとスクールで必要なことを学んできた人だけです。作業療法士についての知識を学ぶためには、厚生労働省や文部科学省で認められた養成学校に通う必要があります。認定されたスクールであれば通常の4年生大学であれ、短大であれ専門学校であれ問題はありません。しかし短大も専門学校も最低3年の月日が必要になります。これは規則で決められており、どのスクールも必ずこの規則にしたがっていることになります。大学の4年と専門学校の3年では大きな差があるように見えないかもしれませんが、1年早いというのはやはりかなり大きな違いであり、できるだけ早く現場に出て多くの経験を積みたいという人にとってみれば、3年制のスクールは大きな魅力があります。

作業療法士になるにあたっての注意点

作業療法士になるにあたって、大きな注意が必要なのは、本当に作業療法士になれるかどうかというのは、実際に働き始めてからわかるというのがほとんどです。どのようなことかと言うと、合格の発表が4月になるので、多くの人がすでに就職していることになります。試験に合格していれば何の問題もないのですが、仮に落ちてしまったときは、退職を余儀なくされてしまうこともあります。試験に落ちてしまえば当然次の年に受けて合格しないと作業療法士になることはできません。職場によっては、合格するまで働くことができる場所もありますが、全ての職場がそうであるとは限りません。当然退職する必要がある場所もあります。合格することは大前提になりますが、就職活動の時に、仮に落ちてしまった時の場合、どのような対処をしてくれるのかはできるだけ聞いておいたほうがよいでしょう。

作業療法士の就職先

作業療法士は専門職であるため、就職状況は悪くありません。しかし、作業療法士を目指す人は年々増加しており、条件が良いところに就職することは以前よりも若干厳しくなってきています。女性の有資格者が多いということもあり、パートでの雇用も少なくありません。キャリアアップしてよりよい条件の就職先を見つけましょう。

作業療法士の平均的な給料

作業療法士だけにいえることではありませんが、給料や待遇は職場や現場によって大きく変ってきます。一般的に病院などは高く、福祉施設などは低くなることが多いです。作業療法士は医療職になるので初任給は他の職業に比べてある程度高いことも多いですが、給料の額が伸び悩むことも多く、初任給が低いと、やはり全体的な所得も小さくなってしまうことでしょう。なお、理学療法士と作業療法士の給与水準はほぼ同じくらいです。月給のボリュームゾーンは23万から27万くらいとなります。年収は350万円から450万円くらいが相場となるでしょう。また、あまり多くはありませんがパートや派遣といった働き方もあり、その場合の時給は2,000円ほどとなっています。もちろんキャリアアップをすればおのずと給料が上がるでしょう。しかし、キャリアアップして資格(免許)を取得しても病院によってキャリアアップと認めて昇給や昇進がある場合と、そうでない場合があります。キャリアアップをしっかりと認めてくれる病院がこれからの作業療法士を育てていくのではないでしょうか。

給料と職場

発達分野などになってくるとより給料が低くなってしまうこともあります。人手が足りないということや施設自体の規模が小さいなどの理由からそのようになってしまうことがあります。しかし例外もあり、キャリアアップして給料の高いところを見つけようと思えば、福祉施設でも発達分野でも探すことはできます。ただ、その場合地域などを気にすることは当然できなくなります。

作業療法士の待遇

作業療法士を必要としている現場が多くある中、作業療法士の待遇も比較的良いことが多いです。給料はあまり多くなくても、保険や手当てなどがしっかりとしていることも多く、安定した生活を送っていく上で大きく困ることはないと言えます。昇給などがない場合も少なく、ボーナスなども比較的しっかりと出てくれます。給料が低いと言っても贅沢な暮らしをしようと思わなければそれなりに暮らせることになります。

作業療法士の雇用形態

作業療法士はほとんどが正社員として働くことになりますが、非常勤として働いている人もいます。非常勤として働いていると当然給料などは下がってきます。ただ、自分の本当に就職したい場所に就職することができるまで、一時的に非常勤で別の勤務先に勤めて、様子を見ながら転職活動をしようとする人もいます。基本的に、正社員よりも転職はしやすくなるので、利用の仕方によっては大きな意味を持ってきます。

作業療法士に向いている人とは?

作業療法士にとって医学の知識は全て必要であり重要です。しかし作業療法士としてキャリアアップしていく中で、どうしても得意なものだけにポイントがいってしまい、作業療法がパターン化されてしまうことはあります。ひとつの考えにとらわれない作業療法士が理想的であり、一人ひとりをしっかりと見ることができる作業療法士と言えるでしょう。

(1)根気がある。

リハビリテーションは長期間になることもあり、なかなか成果が出ないことも多いので、根気や忍耐力があることが必要になります。患者の気持ちを理解し、明るく励ましながら、一緒にがんばり続けることができることが大切です。

(2)前向き

リハビリテーションは、患者にとって精神的にもつらい状態が続きます。そうした状況で、患者を明るく励まし、前向きな気持にしてあげるのも非常に大事な仕事です。人と接するのが好きで、献身的であり、ポジティブな性格が望ましいでしょう。

作業療法士の就職先の選び方

作業療法士として活躍できる場としては一般的に身体障害領域、精神障害領域、発達障害領域、老年期領域になります。ほとんどの作業療法士がこの領域のどこかに属していることになります。しかし領域に縛られる必要はありません。キャリアアップしてこの領域に含まれない現場で働いている作業療法士もたくさんいます。リハビリとは少し違うスクールであったり、あるいは行政の中で仕事をする人もいます。働き方は人それぞれです。

キャリアアップと可能性

作業療法士としてて昇格や昇給を目指すなら、キャリアアップは最も正当な手段といえます。実績を重ねていき、実力もつけ、信頼を得ることで、キャリアアップし、それに見合う報酬が支払われるということは、社会のシステムにおいて当然のことです。給料アップ、あるいはより高給な職場への転職、さらには社会的立場の向上を考えるなら、キャリアアップは常に念頭に置きましょう。新しい作業療法士としての可能性を広げていくことができればそれに越したことはありません。重要なのはどのような現場で働きたいかです。例とするならば、子どもが多くいる現場で働きたいという思いや、高齢者との関わりを増やしたいという思いです。これによって自分の職場が大まかに限られてくることになります。キャリアアップをすれば可能性はどんどん広がります。

看護師になろう