助産師

資格をとりたいあなたへ

助産師

助産師とは?

看護師の取得できる資格として「助産師」資格があります。助産師と聞くと、何を想像しますか?産科病棟に居る、子供を取り上げてもらった、母乳外来でお世話になった、などなど。妊娠・出産を経験する時には、必ずお世話になる職業です。ただし、助産師は産科機器や薬剤を使用する事が法律で認められていないため、帝王功開などの異常分娩の場合は助産師だけで処置をする事はできず、医師の補佐として働くことになります。

資格とるなら

助産師の業務

助産師も保健師助産師看護師法(以下、保助看法)で資格や業務範囲が決められています。保助看法には「助産師になろうとする者は、助産師国家試験及び看護師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない」とあります。つまり、助産師の資格があれば、看護師の仕事をしても良いのです。助産師の仕事としては、妊娠している女性の世話や、妊娠中の悩み相談など、女性の妊娠期を支え、助産師が主体となって妊婦のお産をサポートすることが主となります。最近では助産師が妊娠期から出産後までトータルにケアする「助産師外来」を設置する病院も多くなってきました。

助産師とキャリアアップ

近年は少子化の時代とはいえ、産婦人科医の不足から医療機関でも産科を休業せざるを得ないケースや、経営が立ち行かなくなり閉院する産院が増えています。そのため近くに赤ちゃんを産める病院がない、または病院施設があっても分娩予約が一杯で受け付けてもらえないなど「お産難民」が社会問題化しています。地域住民に安心安全で質の高い産科医療を提供することが難しくなってきています。さらに医療介入の少ない自然なお産や自宅出産を望む女性が少しずつ増えているなど、妊産婦の妊娠・出産・育児に対する個々のニーズは多様化しています。こうした社会的背景を受けて緊急時の対応ができる医療機関などにおいて、正常経過の妊産婦ケア・助産を助産師が自立して行う院内助産所や、医療機関において、外来で正常経過の妊産婦の健康診査・保健指導などを助産師が自立して行う助産師外来の普及・推進が進んでいます。 産科病院や産科診療所における助産師の積極的な活用、正常分娩、ローリスクの妊婦の健診、産婦の分娩介助、産後の女性と新生児の健康診査などを助産師が担うことで産科医の負担を軽減し、安心して安全に子どもを生むことができる場を地域に作ることを目的に、院内助産所・助産師外来という形で助産師の自立的活動が展開し始めています。

今後のキャリアアップ

これまで助産師のキャリアップは管理職や教員・指導者などに限定されてきましたが、今後はよりプロフェッショナル性やスペシャリスト性が問われ、実践能力がキャリアとして社会的評価につながっていくと考えられます。お産のプロとしてキャリアアップするためにも主体的に学び、プロに求められる資質、専門性の高い知識と技術を修得していく必要もあるでしょう。助産師のキャリア開発のために各種セミナーやカリキュラム化したレクチャーなども催されていますが、実践的にキャリアアップを図るには院内助産所や助産師外来で働き、経験を積んでいくこともひとつの選択肢です。

正看護師から助産師へのキャリアアップ

正看護師から助産師になるためには、助産師養成学校で教育を受ける必要があります。助産師に関する科目を履修し、受験資格を得ることができる看護大学もあります。助産師へのキャリアアップは正看護師からキャリアアップを考える上では、人気の進路です。しかし、養成学校は年々数が減っており、入学できる人数枠も減りつつあります。そのため、助産師になるための学校に入ること自体が、狭き門と言えるでしょう。養成所の定員も、多くても40名以下、少ない場合は5名というところもあるということです。ただし、これは少子化ということもあり、実習を前提とするとこの人数にならざるをえないという事情もあるといえます。助産師の学習は領域を限定して深く学習しているので、範囲が幅広い看護師試験よりも勉強しやすいという意見もあります。

資格(免許)と待遇

助産師資格(免許)を取得すると、看護師としての給与に「職能手当」がプラスされます。また、助産師は常に人材が不足気味のため、病院から良い待遇で迎えられることもあるでしょう。いずれにせよ、この分野に興味がある場合は、ぜひ取得しておきたい資格です。ただし、現在の所は男性は助産師になることが出来ませんので、ご注意下さい。

今後の助産師

助産師はリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖の健康)の担い手でもあり、妊娠中の女性だけではなく、思春期や更年期の女性への援助が期待されている職業でもあります。さらに、幼児虐待や異性間暴力の予防における中心的メンバーとしても注目を集めています。現在、助産師として働く看護職は全国に2万5千人います。助産師の資格(免許)は看護師や保健師とは異なり、女性に限定されているのが現状です。そのため、現在のところ男性の看護師が助産師資格を取得することはできません。

助産師と開業権

助産師には開業権があります。他の看護職とは大きく違い、自分で助産院を開くことができるのです。現在の時点でその数は看護職の全体のわずか2.8%(723人)で、助産師の約70%が病院、約17%が診療所に勤務しています。しかし、助産院や自宅での出産をするような、「自然なお産をしたい」と希望する女性が増える傾向にあり、近年では30~40代の中堅層を中心に開業する助産師が増えてきているようです。母子手帳には分娩の介助をした助産師の名前が記録されます。アナタが助産師となり分娩を介助すれば、そのベビーちゃんの記録には一生アナタの名前が刻まれるのです。また、全国の助産師就業者数はおよそ3万人強です。一番多いのはやはり病院、次に診療所(おそらく産科クリニック)ですが、全体の5%、約1,800人は助産所で活躍しています。全国的に出産できる病院が減っているこのご時世、身近の助産所は非常にありがたい存在になるのではないでしょうか。

助産師とスクール

助産師の養成スクールは、4年制大学、専修学校の専門課程、短期大学の専攻課程があります。多くは看護専門学校の上級コースとして1年制で設置されており、これまで助産師の資格取得を目指す方はそこに行く事が通常でした。しかし最近では、総合的に助産学を学べる専門職大学院も増えてきています。また4年制大学では看護師と助産師の国家試験受験資格を卒業時に同時に得られるところもあります。その他のスクールには、保健師の資格取得だけを目指す保健師学校もあります。助産師の資格を得るためには、このような養成スクールを卒業した後、厚生労働大臣が行う国家試験に合格しなければなりません。

助産師の歴史

助産師の歴史は古く、江戸時代にはすでに「産婆」という職業がありました。呼び名は違えど、室町時代の書物にも同じような職業が記されているようです。ちなみに、江戸時代の大名行列は通り過ぎるまでひれ伏して待たねばなりませんでしたが、産婆さんだけは別だったという説もあります。お産は緊急事態という認識があったようですね。その後も戦後に助産師となりましたが、数少ない女性の専門職、キャリアウーマンの先駆け的存在だったといえます。

助産師と保健師

「看護師免許を持っていますが、キャリアアップするなら助産師、保健師どちらがいいのですか」という疑問を持っている方が多いです。個人的には必要性が見直されて不足気味の助産師をおすすめします。これから先、高齢者が増えますし、病院は在院日数短縮の方向ですし、地域の受け皿を大きくしていく必要があることを考えると、保健師が担うところも大きくなってきて、保健師の需要も高まっていくことが予想できますが、大卒の看護師が増えている現状、大学卒業者は看護師だけでなく保健師の免許も持っているのが当たり前になっていますので、保健師はたくさんいますので足りなくなる可能性は助産師よりも少ないでしょう。看護師と助産師の免許を両方持っていれば、キャリアアップとしてはある意味一生就職に困らなさそうなほど安定していると思います。

看護師になろう