看護師

資格をとりたいあなたへ

太極拳愛好者の皆様が楽しんで買い物が出来ますよう誠心誠意対応いたします。またアドバイザーとして拳歴25年以上の国内外のベテラン講師、現役選手などの意見を取り入れより良い製品を提供致しますので宜しくお願いします。

看護師

看護師とキャリアアップ

看護師は高齢化社会を迎えた日本ではとても必要とされている人材で、この不安定な日本経済の中でも看護師資格を取得さえすれば職を失う危険が少ないため、看護師国家資格(免許)を取得し、看護師の仕事を希望する方は年々増加しています。「看護師のキャリアアップ」と聞いて、あなたはどのようなイメージを思い浮かべますか?「看護師のキャリアアップ=管理職」という時代からシフトして、看護の専門性が高まっている現在、幅広い分野で活躍する看護師が増えていることはみなさんもご存知のことと思います。転職活動を行う前に、「キャリア」を具体的に描いてみましょう。「キャリアアップ」という言葉には、「より高い資格や能力を身につけ、経歴を高める」という意味があります。スクール、資格(免許)所得、あるいは「新たな領域での看護を通してスキルを磨く」などのイメージとして捉えている方が多いのではないでしょうか。

資格とるなら

看護師のキャリアアップのスタイル

看護師のキャリアアップには、「色々な診療科を経験してスキルを磨く」「認定看護師や専門看護師として活躍する」など臨床に密着したスタイルから、「大学や短大等のスクールに進学する」「看護教員としてスクールで学生指導に関わる」など看護教育に関わるスタイルまで、様々な選択肢があるでしょう。ただし、選択肢によっては、キャリアアップを実現するまでに時間や費用がかかる場合があります。

看護師のキャリアアップに役立つ資格(免許)

資格でキャリアアップしたい場合は、日本看護協会が認める看護資格(免許)所得が近道です。

認定看護師
ある特定分野において、実践・指導・相談の役割を果たし、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献します。
専門看護師
ある特定分野において、実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の役割を果たし、保健医療福祉や看護学の発展に貢献します。

認定看護師と専門看護師の違い

求められる実務内容・ポジションに違いがあります。それぞれの特定分野があり、資格(免許)認定システムがあります。どの資格(免許)を取得しても病院によってキャリアアップと認めて昇給や昇進がある場合と、そうでない場合があります。転職を考えるならば、キャリアアップをしっかりと認めてくれる病院を見つけましょう。

看護師のキャリアアップの種類

看護師のキャリアアップは、人の考え方によって何通りかあります。短大や専門学校を卒業した看護師が、大学卒業資格を取得することで4年生大学卒業の看護師と同等の給料になったり、昇進スピードが変わったりする病院もあれば、どちらでも何も変わらない病院もあるので、就職先の病院の方針を確かめておく必要があります。

看護師のキャリアアップとスクール

もしも、キャルアップとして大学卒業資格が欲しい場合には、

  • 一般の4年生大学への編入
  • 通信制の大学

これらの方法を使うことでキャリアアップが望めます。

認定看護師とキャリアアップ

認定看護師の資格(免許)を取得するには、「保健師・助産師及び看護師の資格取得後、実務研修が通算5年以上であること(そのうち通算3年以上は特定の認定看護分野の実務研修をしていること)」が条件です。さらに、指定の教育機関で6ヶ月以上の集中講義(昼間)を受けた後、認定審査をパスする必要があります。集中講義は昼間に行われますので、働きながら通学することは事実上難しいといわれています。職場の対応にもよりますが、休職または退職という形になる上、資格取得にかかる学費や諸経費を誰がどこまで負担するか、事前に確認しておくことも大切でしょう。

キャリアアップとスクール

日本看護協会のサイト内「認定看護師教育機関と課程一覧」のページをご覧いただくとわかるように、指定の教育機関の数には限りがあります。そのため、地方に住む看護師が指定の教育機関に通学するには、引越しや一時滞在といった対応も考えておかなくてはなりません。このように、キャリアアップの方向性によって、あなたの生活に負担となりうる条件もあるのです。

ライフキャリアプランとは?

ライフキャリアプランとは、「ライフプラン(人生設計)」と「キャリアプラン(看護師としての働き方)」を組み合わせたもの。ライフキャリアプランでは、看護師としての働き方はもちろん、「ひとりの女性として何を大切にし、どのように生きていくか」をベースにまとめていきます。ライフキャリアプランを通して、自分らしいライフスタイルを考え、自分らしい人生を選択し、実現への近道を見つけることができるでしょう。

(1)ライフキャリアプランをたてる
今のあなたは何歳ですか?どんな家族と一緒にいますか?仕事や趣味はなんですか?そしてあなたは将来どうなりたいですか?いきいきと自分らしく働ける仕事探しのワークその1は、ライフキャリアプランをたてること。ライフキャリアプランとは、「ライフプラン=人生の計画」と「キャリアプラン=仕事の計画」を組み合わせたものです。
(2)ライフプランとキャリアプランのバランス
独身か既婚か、近い将来に結婚や出産の予定があるか否かによっても、キャリアアップの方向性は大きく変化するでしょう。たとえ独身でも、パートナーがいる場合には、結婚や家族計画といった将来設計を見据えておく必要があります。既婚で子どもがいる場合には、家族との生活やお子さんの成長に合わせてどのように対応していくか、ということも考えていかなくてはならないでしょう。キャリアアップのためとはいえ、「家族と離れて生活する」というのは、自分のみならず家族への負担もかかります。家族からの理解と協力を得た上で、受講時期やタイミングを計る必要があるでしょう。このように、「看護師のキャリアアップ」を目指すには、5年後ないし10年後の将来を見据え、仕事とプライベートの両立を含めた長期的かつ計画的なプランニングが重要なのです。

看護師のキャリアアップまとめ

ライフキャリアプランはあくまでも「計画」。女性としての新たな役割や、看護師としての転機を迎えた際には、それまでのライフキャリアプランを振り返り、柔軟に軌道修正しましょう。「その時の自分にとって大切なこと」を尊重することによって、より豊かで輝きに満ちた人生やキャリアを重ねることができるでしょう。看護師という職業は、あなたにとって人生の一部であり、すべてではありません。妻としての人生。母としての人生。ひとりの女性としての人生。どの人生も、あなたにとって大切な「キャリア」です。女性としてのイフスタイルも大切にしながら、どんな時も自分らしく働き続けられるような、本当の意味での「キャリアアップ」を目指したいものです。

看護師になろう