薬剤師

資格をとりたいあなたへ

薬剤師

薬剤師とは?

薬剤師とは、厚生労働省が管轄する国家資格で、医師の処方箋に基づいて調剤・供給したり、その他の薬事衛生面を取扱い、国民の健康な生活を確保する技術者のことです。

資格とるなら

薬剤師のキャリアアップ

薬剤師として昇格や昇給を目指すなら、キャリアアップは最も正当な手段と言えます。実績を重ねていき、実力もつけ、信頼を得ることで、キャリアアップし、それに見合う報酬が支払われるということは、社会のシステムにおいて当然のことです。給料アップ、あるいはより高給な職場への転職、さらには社会的立場の向上を考えていくならば、キャリアアップは常に念頭に置いておくべきことです。ただ、キャリアアップは単に仕事をこなしていくことだけでは果たせません。確かに、それでも経験は積んでいくことになり、知識も増えてはいくでしょう。しかし、それは誰もがやっていることです。そのため、それだけでキャリアを重ねているとはいえないのが現状です。キャリアアップを目指すなら、より多くの資格(免許)を得るのが一番です。より上の立場を目指して転職する場合でも、それらの資格(免許)が役に立ちます。例えば、認定薬剤師というワンランク上の資格(免許)があります。これを有しているだけでも、扱いはかなり変わってきます。

さらなるキャリアアップ

その他にも、各種専門の分野に特化した存在として、専門薬剤師や特定領域認定薬剤師という資格が用意されています。これらの資格(免許)も、よりひとつの分野に対しての専門性を高めた知識を有している人のみが得られる資格(免許)です。また、後進の指導を行う上では、指導薬剤師の資格(免許)も必要となるでしょう。これらを有していれば、転職や昇格などのキャリアアップにかなり有利に働きます。

薬剤師の業務
薬剤師の業務は非常に多肢に渡ります。まず、薬剤師法で一番にあげられる「調剤」は最も基本的な薬剤師の業務です。薬剤師は、医師、歯科医師、獣医師が作成した投与が必要な医薬品とその服用量、投与方法を記載した処方箋をもとに調剤をすることができます。薬局等における安全性の比較的低い医療用医薬品の処方監査・投薬業務のほか、安全性の高い医薬品(OTCや漢方薬など)の購入相談業務など内科医的な側面も併せ持ります。一方病院・診療所勤務の薬剤師は、医師の指示のもとに業務を行うコ・メディカルとしての側面も持っています。

薬剤師と薬局・製薬会社

薬局や製薬会社などで薬事業務に従事する薬剤師は独立した専門職です。例えば、薬局等の管理者は薬剤師でなければなりません。(事法第7条の2:医師等他の資格ではできない)。独立した医療系資格の医師、歯科医師、薬剤師を医療3師と呼ぶことも。他の医療資格と異なり、業務の場が医療機関だけではないのが特徴でもあります。「医薬品の供給」に関する業務においては、開発・製造から、流通、販売におけるまでほぼすべての分野で関与しています。また「その他薬事衛生」に関する業務においては、医薬品以外でも世界各国で推進されているセルフメディケーションに関与する唯一の国家資格者としての責任を負っています。

薬剤師と調剤

調剤とは、医師・歯科医師・獣医師から発行された処方箋に基づき、医薬品を交付すること。一部の例外を除き、薬剤師の独占業務です。

調剤の歴史
一昔前まで日本の薬剤師は、医師の書き殴りの処方せんを解読でき、いかに素早く処方箋通り正確に医薬品を揃えられるかが求められました。従って調剤とは単に、処方箋に記載された通りに医薬品を調合することであると考えられてきました。しかし、治療法や医薬品の多種多様化と高度化に伴い、副作用や薬害の予防のため、また、患者に治療法を理解し選択してもらうインフォームド・コンセント等の観点から、調剤報酬が改定されました。そのため、現在では、医師、歯科医師の処方が医学的に妥当であるかの判断(処方監査)、医薬品の相互作用や重複投与の防止、患者への充実した服薬指導、患者の薬剤服用歴・指導内容の記録と管理、副作用の予防や早期発見と対策、後発医薬品の選択、未知副作用の発見など、医薬品が関わる多様な業務全てを含めたものが(広義の)調剤とされています。

処方箋監査

形式的監査
記入漏れがあると処方箋として効力をなさないので、医師の署名など、必要事項の確認を行います。また院外の薬局では、向精神薬などの収集を目的に偽造・変造処方箋が持ち込まれる事案が発生しているので、真正なものであるか法的・薬学的観点からも監査します。
処方監査
処方意図や処方量の確認、さらには患者の話や薬歴より処方歴や病歴を照合し、重複処方や禁忌などを見つけます。もし発見した場合は、疑義照会を行うことが義務づけられています。

薬剤師の活躍の場

(1)薬局

調剤専門薬局
在宅患者向けに無菌室を備えた薬局も増えつつあるなど、調剤も幅が広がっています。薬局における処方箋調剤において薬剤師から、医薬品についての説明の他、場合によっては疾患についても聞かれる場合もありますが、薬学的見地から医薬品の適性使用に不可欠のものです。プライバシーの問題等にどのように対応していくかが今後の課題です。なお、薬事法上は調剤専門薬局は存在せず、薬局として分類され、OTCの販売も義務化されています。
漢方薬局
患者の訴えに応じて調合した漢方薬・西洋薬を、薬局製造販売医薬品として製造販売します。

(2)病院・診療所

病院内で働く薬剤師は医師の指示の下で働くのでコ・メディカルに分類される場合もあります。病院内で処方箋に基づき調剤を行ないます。薬局と異なり、注射剤などの調剤も多くあります。このほか、感染制御チーム、治験審査委員会、栄養サポートチームなどのメンバーとしての活動を行なうこともあります。一定数の専属の薬剤師を配置しなければ原則として特定機能病院を開設することはできません」(医療法第22条の2)。医療法等により病院等には医薬品の適正使用のために医薬品安全管理責任者の設置が義務づけられています。なお、医療法第18条では「病院又は医師が常時三人以上勤務する診療所にあつては」専属の薬剤師を配置する必要がありますが、都道府県知事の許可を受けた場合はこの限りではない例外規定があります。

薬剤師と処方

現在、看護師団体が、処方の補助を申し出ていて、米国でも最高ランクの看護師は、簡易的な処方権を有しています。内閣府に所属する日本学術会議は、日本の薬剤師も現在の役割だけでなく、将来は医師の処方を補助する専門家にもなるべきであると結論を出しています。

薬剤師認定制度

薬剤師認定制度は、医学・薬学の高度化・専門化に伴い、特定の医療分野等において高度な知識や技量、経験を持つ薬剤師を認定する制度のことです。各種の認定薬剤師・専門薬剤師資格があり、様々に細分化された認定制度が存在しています。薬学系の大学・団体・学会が認定します。現在のべ1万人ほどの薬剤師が各種認定制度で認定を受けています。

薬剤師認定制度の認定
薬剤師の生涯研修の一環として多くの団体が一定の研修実績に基づいて認定証を授与しています。これらの研修認定制度を評価・認証する機関として薬剤師認定制度認証機構が2004年設立されました。

生涯研修認定制度実施機関

現在以下の実施機関が同機構に認証された生涯研修認定制度を実施しています。

  • 日本薬剤師研修センター
  • 東邦大学
  • 一般社団法人薬剤師あゆみの会
  • 慶應義塾大学
  • 一般社団法人イオン・ハピコム人材総合研修機構
  • 明治薬科大学
  • NPO法人医薬品ライフタイムマネジメントセンター
  • 神戸薬科大学
  • 社団法人石川県薬剤師会
  • 新潟薬科大学
  • 北海道薬科大学
  • 星薬科大学
  • 昭薬同窓会(平成塾)
  • 学校法人医学アカデミー薬学ゼミナール生涯学習センター
  • 北海道医療大学。
  • このほか、日本医療薬学会、日本病院薬剤師会、日本生薬学会等の学会が認定制度を実施しています。

看護師になろう

設備が充実した事務所をたくさんご用意!賃貸オフィス 港区の事務所探しは当社で!オフィス移転naviがあなたをサポートします!