診療放射線技師

資格をとりたいあなたへ

オフィスギャラリーへお気軽に!賃貸事務所 大阪では、事務所情報を随時更新中!通勤に便利な事務所や、明るい事務所も当社がたっぷりご提案します!

診療放射線技師

診療放射線技師は、診療放射線技師とは、レントゲン撮影、MRI、CTスキャンなどの装置で検査をする技術者です。病院・診療所などの医療機関において放射線を用いた検査・治療を業務とする、国家資格を有する医療職です。人間の病気は、外部から見えない体の中で進行していることがあり、そのような病気の発見、原因の発見には、特殊な装置を使います。しかしながら、例えばレントゲン撮影に使うX線は放射線の1種で、取り扱いに注意しなければいけません。患者に悪い影響を及ぼしますし、自分自身にも危険です。そして、病院や保健所などに勤務します。医療における放射線の利用は、元々医師によって行われていましたが、放射線診療技術の高度化に伴い、高いレベルでの専門知識や技術を身につけた専門職として診療放射線技師の職域が形成されました。一般に、診療放射線技師以外の医療職も、従来の医師の分野から派生した職域が多く存在します。現在、医師が自らX線撮影やCTなどの検査を実施することは非常に少なくなり、高度な放射線検査の技術を身につけた診療放射線技師が専ら行っています。医療分野においても、細分化・分業化が進んでおり、現代の高度なチーム医療の一員として、診療放射線技師は不可欠となっています。キャリアアップを望むには良い環境が増えているのではないでしょうか。

資格とるなら

診療放射線技師の資格(免許)

診療放射線技師になるには、国が指定する診療放射線技師養成スクールを卒業し、国家試験の合格が必須です。文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した診療放射線技師養スクールにおいて、3年以上診療放射線技師として必要な知識及び技能の修習を終えたものが診療放射線技師国家試験の受験資格を得られます。他に、外国において同等の資格(免許)を有するもので、特定の条件を満たすものにも受験資格が与えられます。診療放射線技師法にて、人体に害を及ぼす恐れのある診療放射線を照射できるのは、診療放射線技師および医師・歯科医師のみと規定されています。ただし歯科医師に関しては顎口腔領域の治療及びそれに資する場合を対象とするとされ、口腔癌の予後観察における肺転移可能性排除のための歯科医師による胸部撮影判断を認定した判例などがあります。医療行為として人体に放射線を照射するため、放射線の物理特性や医療機器の特性の理解、照射する放射線量の最適化、人体への作用・影響の熟知、患者心理の対応等に関する知識を十分に備えた上で行うのが原則です。従って、前述の資格(免許)を有しない者による人体への放射線照射は違法行為です。

診療放射線技師のキャリアップ

診療放射線技師のキャリアアップを望むのであれば、さらに専門職としてのキャリアアップをすると共に、いろいろな資格取得にチャレンジしてみましょう。

放射線取扱主任者試験とキャリアアップ

放射線取扱主任者試験は「放射線同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」第34条に基づく国家資格免状であり、放射線同位元素、放射線発生装置を取り扱い、または販売する事業所において、免状を有する者の中から放射線取扱主任者を選任しなければなりません。この免許状を修得するには、科学技術庁長官の行う国家資格に合格し、さらに東京の日本アイソトープ会、もしくは日本原子力研究所にて1週間の講習会をうけて終了試験にパスしなければなりません。試験は年1回、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡にて施行されます。なお、例年合格率は20%を割り、かなりの難易度をもっています。

大学院博士前期課程の人のキャリアアップ

大学院博士前期課程に入学された方は、キャリアアップして専門職技師となるべく、いろいろな資格取得にチャレンジしてみましょう。大学院でどれだけキャリアアップアップできたか?一つは研究の仕方を学ぶことです。これからの診療放射線技師は少なくとも修士まで進学し、専門職技師としてさらに腕を磨いていくことがキャリアアップしてみましょう。

医療情報分野とキャリアアップ

医療情報関係に強くなるのも1つの進路かもしれません。病院のIT化が急速に進み、デジタル画像やコンピュータに強い診療放射線技師が医療情報の分野でも活躍しています。企業でも病院でも、ITに強い人材が求められています。ここで大切なのは単なる「コンピュータおたく」ではなく、診療放射線技師としても有用な人材であるということです。つまりおたくではなく、診療放射線技師+αが求められているのです。情報ネットワーク技術に強い人材も求められていますが、なかなかそういう人もいません。できればこの分野に興味を持たれている方はキャリアアップとしてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。診療放射線技師が医療情報部にも進出するというのも悪くないと思います。

医学物理士とキャリアアップ

医学物理士の数も不足しています。数年前から医学物理士試験の受験資格が緩和され、放射線技術系もしくは放射線医学物理系の修士または博士(取得見込み含む)の方は受験資格が得られるようになりました。私は診療放射線技師がさらに勉強して、医学物理士も兼ねるのが一番良いと思っています。大学院に進学して医学物理士の試験に合格すべく努力するのも良いと思います。医学物理士は放射線治療だけが専門ではありませんので、本学の修士課程の学生さんは積極的にチャレンジして欲しいと思います。また、2003年からの受験資格の中に放射線技師として医学における経験年数5年以上のもの、という枠が付け加えられました。(日本医学物理士学会の会員であること)

その他診療放射線技師のキャリアアップ

  • 医学物理士会
  • 医学物理士認定機構
  • 医療情報技師
  • 検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師:マンモグラフィ検診制度管理中央委員会
  • 放射線治療品質管理士:放射線治療品質管理機構
  • 超音波検査士:(社)日本超音波医学会 認定超音波検査士制度
  • エックス線作業主任者,ガンマ線透過写真撮影作業主任者

看護師になろう